元風俗嬢は肝が座った性格

 

ある知り合いの元風俗嬢から、お客さんと付き合っていたと聞いた事とききました。

そして、そのお客さんと結婚するまでに至りました。

付き合っていた時はまだ風俗嬢

付き合っていた時はまだ石川の風俗で働いてましたが、結婚してからはもう風俗をやっていません。

なにをやっているかというと、旦那さんが経営するダイニングバーの女将さんをやっています。

ダイニングバーなんだから、女将さんよりももっとかっこいい呼び方があるのでは?と思いますが、その風俗嬢は肝が座った性格をしています。

そして、旦那さんが大切にしているお店を切り盛りしているようです。まるで極道の女のように一筋縄でいかなそうな女性だから、女将とお客さんから呼ばれています。旦那さんも、そんな性格だから彼女にプロポーズしたのです。

彼女の旦那さんは、個人経営のバーで働いていました。

オーナーが別にいましたが、オーナーはだいぶ歳になったのでお店を旦那さんに譲ったそうです。そして、それをきっかけにプロポーズしました。今は、二人だけでバーを経営しています。忙しさも悲しみも、喜びも分かちあっています。

女性は、昔よりも長い時間働くし、立ちっぱなしの仕事だから風俗よりも疲れるそうです。しかし、大切な旦那さんと大切な店です。

死ぬ気で守っていかなくてはいけないと、前よりも生きている感じがします。

デリヘルを頻繁に利用するものにとって、ホテル代は結構な出費になっちゃうんですよね。

デリヘル好きでケチなお客さんはデリヘル嬢のストライクゾーンが狭い。デリヘルを呼んで「チェンジ」連発の人も
中には!

出張などで泊まってるホテルに呼び出す分にはホテル代は関係ないですけど、自分でラブホに呼び出す場合は、ラブホ代もこちらが負担しないといけません。

頻繁にラブホに呼び出していたらラブホ代もかなりの額になっちゃいますからね。

私も以前はラブホに呼ぶ事が多かったんですけど、ある時から自宅に呼ぶようになりました。

自宅に呼べば、ホテル代は節約出来ますし、家から出ないで風俗が楽しめるのでこんなに楽な事はないですよね。

ホテル代は安くても5000円程度は通常はします。

家ならその分がまるまるうくので、浮いた分で美味しいものを食べるもよし、デリヘルのオプション代にあてるもよし、延長料金にあてるもよし、使い方もひろがります。

また自宅ならエッチが終わった後にそのまま寝る事も出来るのでいいですよね。

とくに激しいエッチをした後だと、ラブホでした場合、ホテルから出たくなくなっちゃいます。

自宅なら疲れたらそのまま寝てもいいし、何をしても自由なのでとても楽に風俗遊びが出来ると思います。

ただし、自宅に呼ぶからには、それなりのリスクもあるので貴重品の管理などはきちんとした方がいいかもしれません